Webサイト・WordPressの保守運用サービス

東京の企業様のWebサイト・WordPressを佐渡島で保守運用する理由

当社は2008年頃より、SEO並びにWordPressの研究・実装を続けてきたチームが、2012年に佐渡島と東京で起業したWeb制作会社です。

2012年の起業後、業界でもかなり早い段階でレスポンシブWebデザインの実装に取り掛かり始め、ホワイトハットSEOの制作会社として一定の評価を獲得しながら、以降、PHP、Java、Apacheといったミドルウエアや、データベース、AWS、VPSといったサーバーの構築・設定まで、Webサイト及びWebシステムの開発・保守を行える人材を佐渡島に集結させてきました。

また、当社は目先の売上が上がりやすい請負での制作・開発よりも、長いお付き合いをさせていただける保守運用業務を重視して参りました。迅速かつ丁寧にWebサイトの保守運用を行えるよう、保守運用の窓口を専門とする制作・運営部を佐渡島に設立し、現在WordPressサイトの保守運用はもちろんのこと、AEMによる大規模サイトから、小規模でかつセキュリティーに強いクローズドな国産CMS、ECサイトまで200サイト以上の保守運用を担当させて頂いております。

一方で、自分たちを格好よく見せるためのコストを削減してきました。会社の規模が大きくなるにつれて東京オフィスは狭く、安いオフィスへ移動してきましたし、佐渡オフィスは冬は寒く、夏は暑い築100年以上の古民家で頑張り続けています。
クライアント側に私たちを見つけ出して頂けるように最低限度の情報発信だけはしていますが、営業コストの支出にも消極的です。営業担当者はおりませんし、いわゆる有料のメディアプロモーションにも積極的ではありません。

当社は、必要十分なスキルとホスピタリティーのあるサポートを、佐渡島からのリモートワークにて提供することに注力し、分不相応なオフィスや営業・プロモーションにお金を使わずに、費用対効果に優れたWebサイト、WordPreessの保守運用を提供できる体制構築に注力している、少しだけ変わったWeb制作会社です。

このようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談ください

  • 社内リソースが不足しており、Webサイトの保守運用が滞りがちになっている。
  • WordPressを使っていてセキュリティーの問題が心配だが、専門知識を有するスタッフが社内に居ない。
  • ・ミドルウエアやサーバーにある程度対応できるWeb制作会社を探している。
  • ・Webコンサルティングを依頼するほどではないが、少しずつでもWebサイトを改善していきたい
  • Webサイトの運営コストを削減したいがどうしてよいかわからない。
  • ・現在ご利用になられているWeb制作会社さんが解散・倒産されて困っている

当社のWebサイト・WordPress保守運用サービスの特長

Webサイトの保守・管理に必要十分な能力を保有

バナーやページのデザイン、HTML、CSS、JavaScriptによる新たなコンテンツ制作、情報登録、翻訳、CMSのカスタマイズ等、Webサイトの保守・管理に必要な業務はほぼ社内で対応することが可能です。
当社の対応可能能力は下記をご確認ください。

迅速なサポート体制

Webサイト・WordPressの保守運用を専門に行う制作・運営部が存在し、御社に最低2名の担当を付かせていただいた上で、可能な限り迅速なサポートを提供させていただいております。
また、当社佐渡スタッフの離職率は非常に低く、担当者による継続的なサポートが可能です(専門的な部署への移転や、新人の訓練のため担当者が変更する場合がありますが、基本的に社内にいますので安心です)。

月の作業時間は1年間繰り越し可能

作業の形式に捕らわれず、当社の能力の範囲内でのサポートを、20分単位の時間管理で提供させていただいております。
ご利用可能時間数は12ヶ月を限度に積みあがりますので、フレキシブルに当社のサポートをご利用いただけます。

WordPressに強い

2008年より積み上げたWordPressのノウハウを保有している為、多くの企業様からWordPressサイトの保守運用をお任せいただいています。
WordPressのセキュリティチェックについてはスウェーデンのTriop AB社と契約しており、同社のWordPressスキャンであるWPSECにて定期的にチェックを行い、順次対応しています。

堅実な財務体質粘り強い経営体力

起業以来、地道にまじめにコツコツと仕事をしてきており、直近期(2020年3月期)決算では年商約1億5千万円、黒字経営を続けております。
その結果、Web制作会社としては、比較的堅実な財務体質となっております。
コロナ禍が1年以上続いても倒れませんので安心してお任せください。

当社のWebサイト・WordPress保守管理サービスの内容と費用

基本料金 月額12,000円(税抜)
基本業務
月間作業時間枠 月間80分
  • ※毎月1日に追加されます。
  • ※使用されなかった作業時間は次月以降に繰り越してご利用できます(有効期限1年間)。
作業可能範囲
【コンテンツ制作】
バナーやページのデザイン、ライティング、翻訳(英語・中国語)
【コーディング】
HTML、AMPHTML、CSS、JavaScript、PHPによるコーディング
【CMS管理】
バージョンアップ、カスタマイズ、特にWordPressの場合のセキュリティ強化
【ミドルウエア・サーバーの設定・管理】
Apache、PHP、MySQL、各種サーバーの設定・管理
等々
詳細は下記の当社の対応可能業務と得意不得意を参照
作業時間 土、日、祝祭日、その他の当社の定める休業日を除く、平日の午前10時から午後6時までの間
  • ※サービス内容は2020年3月時点のものです。変更される可能性がありますので、詳細はお問合せ下さい。
  • ※本サービスにはWebサーバー・DBサーバーの実費、ドメイン、SSLの実費は含まれておりません。
  • ※本サービスにはメールサーバーの提供・管理は含まれておりません。メールサーバーの移管をご希望の際には、移管工数を算定の上、別途移管実費を申し受けます。お見積りは無料ですのでご相談ください。
  • ※月間作業時間枠は、60分3,750円で拡大することができます。スポットで追加作業を受ける場合は60分5,000円を申し受けますので、予想される作業量が分かる場合は事前にご相談ください。
  • ※サーバーはVPSやAWSなどのクラウドサーバー、御社指定のサーバーに対応可能です。

当社の対応可能業務と得意不得意

コンテンツ制作 デザイン、ライティング、翻訳(英語・中国語)は社内で対応可能です。
一方、東京での撮影、取材、英語・中国語以外の翻訳などは外部の専門家にお願いすることになります。
コーディング HTML5・CSS、AMPHTMLによるコーディング、JavaScriptによる動きの表現、PHPによるフォーム制作については得意です。
静的サイトジェネレーターもHugoによる複数の実装実績を有します。
CMS WordPressについては、相当な実績数を有します。
WordPress特有のセキュリティー対策を施すだけでなく、WordPressスキャンであるWPSECにて定期的にチェックを行い、コアファイル、プラグイン、テーマのバージョンアップに順次対応しています。
その他、AEMによる大規模サイトの運用から、大学・金融機関などの信頼性が求められるWebサイトにローコストで実装可能なQuartett CMSの実装まで、ケースに合わせたCMSの実装・メンテナンスに対応できます。
ミドルウエア Apache(2.4系)、PHP(5.6系のメンテナンス、7.1~7.3)、mysql(5.7系、8系)、mariadb、fail2banには対応可能です。
nginx、postfixの構築などは一応実績がありますが得意ではありません。
※PHPのフレームワークではLaravel、CakePHP、FuelPHPを利用可能です。
サーバー AWS、さくらクラウドのメンテナンスなどは可能ですが得意というほどではありません。
各種VPS、レンタルサーバーについては大抵は問題ないと考えております。
OS 基本的に外部のシステム開発会社さんにお願いしています。
CentOS(6系、7系)であれば当社で一定程度対応できます。
24365監視 24時間365日監視は当社では対応できません。
こちらは外部の専門企業にお願いすることになります。
WordPressサイトの死活監視についてはプラグインの利用にて対応可能です。
ドメイン ドメインについては、原則としてクライアントにてご契約いただいております。
ドメインはいわば権利であり、クライアント名にて適切に取得・管理頂くことが良いと考えているためです。
※契約・更新にあたっては当社にてサポートさせていただきます。
SSL 最近のレンタルサーバーは無料のSSLを提供しているケースが多い為、こちらを設定させて頂くケースもありますし、無料のSSLであるLet's Encryptのインストール・証明書の取得にも対応可能です。

WordPressについて

WordPressは世界で圧倒的な支持を得ているオープンソースのブログソフトウエアであり、CMS(コンテンツ管理システム)です。
元々はブログソフトウエアとして開発されましたが、現在ではWebサイトのCMSとして利用されているケースが非常に多いと思われます。
2020年4月10日時点でのW3Techsによれば、世界中のWebサイトの約35.7%がWordPressで構築されているということになります(グラフ1参照)。
。 当社の記録によれば、2018年の同時期に確認した際には30.7%でしたので、凄まじい勢いでシェアが増えていることがわかります。
また、CMSを使用しているWebサイトのうちWordPressのシェアは63.1%ということになります(グラフ2参照)

グラフ1Webサイト全体におけるWordPressの利用率
グラフ2CMS市場におけるWordPressのシェア

このように、WordPressが世界的なシェアを拡大させ続けている理由を端的に述べれば、「費用を抑えながら、一定レベル以上の高品質なWebサイトの制作、管理システムの開発、運用を実現できる」ということになります。
すなわち、大量に存在する有料・無料のテーマ、プラグインを利用することで、様々なレイアウト、機能を一から開発することなく、簡単に実装することができる為、初期の制作・開発費用を抑えることが可能となります。

また、WordPressはセキュリティー的に脆弱であるといった誤解もありますが、実際にはコアファイル、テーマ、プラグインのバージョンを適切に管理していれば非常に堅牢なCMSであると考えております。世界で最もクラッキングをされるわけにはいかないサイトの一つである「The White House」がWordPressで実装されていることは非常に有名な話ですし、適切なバージョンアップさえ行えば、WordPressの方で脆弱性対策をしてくれる為、ヒューマンエラーによる脆弱性が入り込みにくいというメリットがあります。

当社におけるWordPressサイトの保守

一方で、上記のようにWordPressは世界で最も有名かつ利用されているCMSであることから、アタックを受けやすいのも事実です。

その為、まずはWordPress特有の仕様に対する対策をしておく必要があります。

また、WordPress本体(コアファイル)とテーマ、プラグインのバージョンアップを適切に実施することが非常に重要になります。

なお、WordPress特有の仕様に対する対策については後ほどそれを実施すればほぼ問題ないケースが多いのですが、テーマとプラグインについては、サイト制作時にメンテナンス(バージョンアップ)を念頭に置かずに構築されていると、例えば、テーマやプラグインの更新が止まってしまっていることで、WordPress本体(コアファイル)のバージョンアップを行うと挙動がおかしくなってしまい、その結果WordPress本体のバージョンアップを実施できなくなり、脆弱性が発生する…等のトラブルが起こりえます。

当社の保守運用サービスでは、クライアントと相談しながら、WordPress特有の仕様に対する対策を実施する他、WordPressスキャンであるWPSECにて定期的にチェックを行い、WordPress本体、テーマ並びにプラグインのバージョンアップを適切に実施いたします。

当社におけるWordPressサイトの運用

WordPressで構築されているWebサイトであっても、全てのページを管理画面から管理・更新できるように構築されているケースは稀です。
この為、管理画面から更新できないコンテンツの作成・修正や、新しい機能を追加されるなどの場合には、当社のようなWeb制作会社にて運用業務を代行させていただくケースが多いと思います。

また、上記のバージョンアップ業務も常にあるわけでないため、そういった場合にはそれ以外の業務に工数を当てさせて頂く方が、クライアントのご納得を頂くことが出来、結果として長いお付き合いをさせて頂けると当社は考えております。

当社は、20分単位の時間制で保守・運用業務を担当させて頂く為、例えば保守にほぼ工数を使わなかった場合には、それ以外の運用業務に当社をご利用頂くことが可能です。

更に、消化しなかった工数を最長1年以内に利用できるシステムを採用しており、大変ご好評をいただいております。

引継ぎ前よりコストの削減と対応クオリティーの向上を実現できているケースが多いと思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

よくあるご質問

Webサーバー、ドメイン、SSLの契約・更新管理をお願いすることができますか。

はい。サーバーの種類にもよりますが、当社の方でサーバー・ドメイン・SSLの契約・更新代行・支払い代行をまとめてご提供させて頂くことも可能です。
ケースによりますので、まずはご相談ください。

追加で費用が発生するケースはありますか?

【引き受けるサイトの脆弱性を修正する必要がある場合】
調査の結果、CMSのバージョン自体が古かったり、Wordpressのプラグインに脆弱性が認められたりする場合、そのままでは当社のサービスのご利用が難しい場合がございます。この場合、Webサーバー移管の前に既存のサイトに対して応急処置を実施する等別途費用がかかる場合がございます。対処方法はケースによりますので、お問合せフォームよりお気軽にご相談ください。
【他社が開発した高度なWebシステムごと移管する場合】
他社が開発されたWebシステムごと移管することも場合によっては可能ですが、この場合、事前にソースコードをご開示頂き読み込む事前行程が必要となります。また、保守管理を行うにあたっての対応時間がかなり増えてしまい、費用対効果で劣位に立ってしまいます。
こういった事情から、他社が開発した高度なWebシステムをお引き受けすることは原則としてお勧めしておりません(通常のWebサイトとCMS程度では“高度なWebシステム”には該当しない場合が多いので、まずはお問合せフォームよりご相談ください。)
【当社が高度な業務管理システムを開発・実装する場合】 高度な業務管理システムを組み込む場合、まず「企業様向けサービス」そのままではスペック・セキュリティー両面で不足が生じます。この場合、業務管理システムの内容によりけりで保守管理サービスを組み上げますので、まずは一度ご相談ください。 【毎月の作業時間をオーバーした場合】 毎月の作業時間をオーバーした上で、スポットで追加作業をお受けする場合には60分5,000円となります。
毎月の作業時間枠を拡大する場合は、60分3,750円とお得になりますので、予想される作業量が分かる場合は事前にご相談ください。
残時間数につきましては、随時当社佐渡スタッフまでご確認ください。
【24時間365日でのWebサーバー監視サービスが必要な場合】
専門のWebサーバー監視会社をご紹介させていただきますので、別途その費用がかかります。
【メールサーバーを移管する場合(場合による)】
本サービスにはメールサーバーの移管は原則として含まれておりませんが、小規模なケースではメールサーバーの準備・移管業務も対応いたします。別途費用がどの程度必要かについてはQ4をご参照ください。

メールサーバーを移管する場合、どの程度別途費用がかかりますか?

【サーバー会社が提供するメールサーバーの管理者を当社に変更する】
現在レンタルサーバーをお使いになられていて、そのメールサーバーの管理者を当社に変更させていただく程度でしたら当社に対する別途費用はほぼ必要ありません(月額のレンタルメールサーバー費用は別途かかります)。